“可厭”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いや87.8%
いとわ3.1%
いやあ3.1%
いと2.0%
いやな2.0%
いやら1.0%
いやらし1.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“可厭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲7.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.8%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「さやう、な。けど、貴方あんたのやうな方が此方こつちから好いたと言うたら、どんな者でも可厭いや言ふ者は、そりや無い」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
千代 まあ、ほんまに夫れはけしいことぢや。今年は何やら可厭いやな年ぢや。出来秋ぢや、出来秋ぢやと云うて米は不作。
南蛮寺門前 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
可厭いとわしい親戚の前に頭を下げて、母子おやこの生命を托さなければ成らないか、と思う心は、一家の零落を哀しむ心に混って、涙を流させた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
これに悚然ぞっとしたさまに、一度すぼめた袖を、はらはらと翼のごとくたたいたのは、紫玉が、可厭いとわしき移香うつりがを払うとともに、高貴なる鸚鵡おうむを思い切った、安からぬ胸の波動で、なお且つ飜々はらはらとふるいながら、飛退とびのくように、滝の下行く桟道の橋に退いた。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
『けどもねえ智恵子様、怎うしたんだかちつとも気がはずまなかつてよ。騒いだのは富江さん許り……可厭いやあねアノ人は!』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
『けれどもねえ智惠子さん、うしたんだか些とも氣がはずまなかつてよ。騷いだのは富江さん許り……可厭いやあねあの人は!』
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
これほど親しいお牧では有りましたが、しかし彼女のあかぎれの切れた指の皮の裂けたやうな手を食事の時に見るほど、可厭いとはしいものも有りませんでした。
……とたぼ可厭いとはず、うなじせななびいてえる。
麦搗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
突如だしぬけに斯う云った人があったのです。見返ると、あの可厭いやな々々学生が、何時か私達の傍近くに立って居たではありませんか。
昇降場 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
ロレ されば、その可厭いやな友達衆ともだちしゅ和子わこしたしみが多過おほすぎるわい。お宣告いひわたしらせにた。
「あいあい、何の。もう、お大事になされませ、今にまたあの犬を連れた可厭いやらしいお客がござって迷惑なら、私家わしとこへ来て、かがんで居ッさい。どれ、店を開けておいて、いかいこと油を売ったぞ、いや、どッこいな。」と立つ。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さう致すと、案の定可厭いやらしい事をもうもう執濃しつこく有仰るのでございます。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)