“可厭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いや87.1%
いやあ4.0%
いとわ3.0%
いと2.0%
いやな2.0%
いやら1.0%
いやらし1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可厭だぜ。」と押殺した低声独言を云ったと思うと、ばさりと幕摺れに、ふらついて、隅から蹌踉け込んで見えなくなった。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
『けれどもねえ智惠子さん、うしたんだか些とも氣がまなかつてよ。騷いだのは富江さん許り……可厭ねあの人は!』
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
可厭しい親戚の前に頭を下げて、母子の生命を托さなければ成らないか、と思う心は、一家の零落を哀しむ心に混って、涙を流させた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
言畢つて、け、なすだらけの無手き、んで、ニタ/\とふ。……と可厭はず、いてえる。
麦搗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
突如に斯う云った人があったのです。見返ると、あの可厭々々学生が、何時か私達の傍近くに立って居たではありませんか。
昇降場 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
連れた可厭しいお客がござって迷惑なら、私家へ来て、んで居ッさい。どれ、店を開けておいて、いかいこと油を売ったぞ、いや、どッこいな。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さう致すと、案の定可厭い事をもうもう執濃く有仰るのでございます。さうして飽くまで貴方の事をつて、始終それを有仰るので、私一番それには困りました。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)