“いやあ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
可厭75.0%
弥挙25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『けどもねえ智恵子様、怎うしたんだかちつとも気がはずまなかつてよ。騒いだのは富江さん許り……可厭いやあねアノ人は!』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
『けれどもねえ智惠子さん、うしたんだか些とも氣がはずまなかつてよ。騷いだのは富江さん許り……可厭いやあねあの人は!』
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
諸声諸声もろごえもろごえ弥挙いやあげて」
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)