“いや”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イヤ
語句割合
32.1%
11.5%
11.4%
9.2%
7.8%
6.6%
6.0%
可厭4.5%
2.5%
1.9%
0.7%
不快0.6%
0.6%
0.4%
祖谷0.4%
0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
不好0.2%
嫌否0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
不可0.1%
0.1%
淫猥0.1%
0.1%
卑賤0.1%
忌嫌0.1%
不吉0.1%
不祥0.1%
0.1%
卑劣0.1%
厭悪0.1%
厭惡0.1%
可嫌0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
忌避0.1%
0.1%
揖屋0.1%
楫屋0.1%
0.1%
胆屋0.1%
鄙吝0.1%
陰険0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お高は考えてみようともせずにだと云いとおした、ついには部屋の隅に隠れて泣きだしたまま、なにを云っても返辞をしなかった。
日本婦道記:糸車 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
しゃった事がほんとうなら飛立つ程嬉しいが、只今も申す通り、は今じゃア零落れて裏家住いして、人力をしい身の上
「それ御覧な。そんなに、見たがるくせにして。それを、おいらが会いに行こうといえば、痩せ我慢して、に気取ってみたりして」
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だ。だ。イケナイイケナイ。私から先だ私から先だ。私は香気ぎたい。花だの香木だのの芳香が嗅ぎたい。早く早く」
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
元はしい黒鍬組の人足頭にすぎなかったが、娘が将軍家のお手かけ者となってこのかた、俄かに引き立てられて、今では禄も千石
それが今度死んで、しかも突然に死んだものですから、検視が来るなどという騒ぎになって、近所でもいろいろのな噂を立てます。
彼は堪りかねて、さりげなくルバシュカに近寄つて行き、彼の吐き出すバットの煙を鼻の穴を膨らまして吸ひ取つては渇をした。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
何の因果で此様可厭をさせられる事か、其は薩張分らないが、唯此可厭を忍ばなければ、学年試験に及第させて貰えない。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
この類似は、彼女の衣服の飾りつけと、その色合いの選択とによって、ベアトリーチェがが上にも空想的気分を高めたからであった。
老大富裕国英仏が、戦後の疲れなおし切れなかった貧乏国ドイツに対し、ナチス政権確立後僅々数年でかくの如き劣勢に陥ったのである。
戦争史大観 (新字新仮名) / 石原莞爾(著)
自分は、金の多少より、勿論少ないことによって起された感ではあるが、受用は人をしくすると云ったゲーテの言葉を身に徹えて感じた。
あのお馴染の不快な気持——こういったものが、どうやらぼんやり記憶に残っている、彼の幼年時代の惨めな思い出であった。
に、淺葱引合はせて、恍惚つて、けて、キレーのタラ/\とれると、南無三
麦搗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
踊の玄人にしろその心のしさをその巧妙な手振りではいかくせぬものがあろう。だから、これは教養だ、人だ。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
祖谷米良の藤橋は別として、いわゆる丸木橋や一本橋を両岸に繁ぐにも、必要なものは松藤または白口藤などである。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「まあらしい! 猥らしいわ、シリオン! そんなことができるもんかしら?」と妻の声であった。
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
しくも」と、渠は再び威だけ高になつて、「二等室に乘るくらゐのものなら、それくらゐの禮儀ア知つてをる筈だ。」
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
圭子は、夫人が酒場を嫌うのも、新子の身を惜しんでくれればこそと感激もし、またそんなに、夫人のしんでいる、バーに出ている妹の代りに、顔を赤らめながら
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
怠惰屋なぞになられてるものか、學校くのがならすがいか、サア如何たわけめ!
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
うやうやしきの八千度さかしらのわがひと言はゆるしぶべし。
妾の懺悔、懺悔の苦悶これをすの道は、ただただ苦悶にあり。妾が天職によりて、世とれとの罪悪と戦うにあり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
「お倒れなすたつていぢや御座いませんか。本当に今日は不好な御顔色でゐらつしやるから、それがかう消えて了ふやうに、奮発して召上りましよ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
得三、あんまりでございます。「下枝貴嬢も余り強情でございます。それが嫌否なら悉皆財産をに渡して、そうして⦅得三貴下は可愛いねえ。 ...
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
形状におのずからしからぬ様れて、親切なる言葉、そもや女子しからぬ事か。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「眼の下ヘポツリとしな腫物が出来て、その腫物が段々腫れ上がってくると、紫色に少し赤味がかって、爛れて膿がジクジク出ます、眼は一方は腫れ塞がって、その顔のな事というものは何ともいいようが無い」
『だけど私が言つたなんか言つちや不可よ。よ、昌作、貴方も伝染らない様に用心なさいよ。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
だのに、ともするとぎ出して参りました。名声に酔い、惑溺にひきこまれ、その疲れをそうとします。そうしているまに近頃は悪いと知りながら肉体をして参ります。
梅颸の杖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
も「彼奴」にひきずられ、その淫猥らしい興奮を乗せて、命の続くかぎりは醜骸に鞭をふるわねばならないということは、なんと浅間しいことなのであろう。
階段 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「お前の信仰はお前をした。」
西方の人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
屠手として是処に使役はれて居る壮丁は十人り、いづれひの無い新平民——殊に卑賤しい手合と見えて、特色のある皮膚の色が明白と目につく。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
可羞しい、とはいへ心の底から絞出した真実の懴悔を聞いて、一生を卑賤しい穢多の子に寄せる人が有らうとは。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
小声陰徳でも乞食の足を洗ふのは忌嫌でございますなア。とグヅ/\ひながら、忌嫌々々足を洗つてる。
はいにもしましたが、此品秘蔵でございますから、此品だけはうも売却すことが忌嫌でございますから、只今もつて麪桶りに傍離さずに使つてります。
……手前の不吉前科も知らねえでノメノメとこの船へ押しかけて来やがったのが癪にるんで……遠慮しやがるのが当前だのに……ねえ……親方……
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
何だか不祥な事になりまして、昨年私の親父も亡なりましたが、お屋敷はあゝなったが、若様はうなされたかお行方が知れぬが、ひょっとして尋ねていらっしゃったら
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
田舎の女程物見高いものは有ません。奥様が花やかな御風俗で御通りになる時は、土壁の窓から眺め、障子の穴から覗き、目と目を見合せてな笑いかたを為るのです。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
卑劣しい根性を持つて、可厭んだやうなことばかり言ふものが、下等人種で無くて君、何だらう。下手に社会へ突出らうなんて、其様な思想を起すのは、第一大間違さ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
色々考えると厭悪心地がして来た。貧乏には慣れてるがお源も未だ泥棒には慣れない。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
思ひ付たり其と言は其方も定めて知て居らん飯焚の宅兵衞は數年奉公して給金餘程旦那に預け有る由然るに彼の宅兵衞は日頃より其方に心樣子なれば厭惡で有うが如何にもして彼が心に隨ひ一度にても枕を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
あの嫉妬家奉公するのはよしゃれ。彼奴制服青白可嫌ぢゃゆゑ、阿呆れもぬ、いでしまや。……おゝ、ありゃぢゃ。
雜炊げついたやうなひがぷんといたつてようかとつて俯伏しになつてたが、になつてつた。おいたので與吉した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
経を考ふるに云はく、し国土に講宣読誦恭敬供養して此の経を流通せる有らば、我等が四王常に来りて擁護し、一切の灾障消殄せしめむ。憂愁疫疾除きさしめむ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
臨死むとする時、長歎息して曰く、伝へ聞く仮合の身滅び易く、泡沫の命め難し。所以に千聖に去り、百賢留らず、況して凡愚のしき者、何ぞもく逃避せむ。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
それから又間もなく一知は、この村の習慣になっている物々しい婿入りの儀式を恥しがったものか、それともその式の当夜の乱暴な水祝忌避がったものか
巡査辞職 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
全く、奥様の為には廻合も好くない年と見えて、何かの前兆のようにな夢ばかり御覧なさるのでした。女程心細いものは有ません。それを又た苦になさるのが病人のようでした。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
私達が出て行つた岸は、夜見が濱とは反對の側にある廣い入江に添うたところであつたから。陸には稻田も多かつた。畑にはすでに青い葡萄を見、長く延びた唐玉黍の穗をも見た。揖屋の驛を過ぎた。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
わが国でこの類の最も古いらしい伝説は、神代に事代主命小舟で毎夜中海を渡り、楫屋村なる美保津姫に通うに、鶏が暁を告ぐるを聞いて帰られた。
ところで、身体の病気を治療するには、外科、内科のいずれを問わず、医者が必要のように、精神の病気をすにも、やはり医者を要します。いずれも「先生」という医者が必要です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
軒先のに生きた熊を飼っている胆屋だの、獣皮を懸け並べた百獣屋だの、木曾櫛の店だの、ここの宿場もなかなかの雑鬧
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鷹揚にして男らしく、さっぱりとして情け深く寸分鄙吝しい所なき、本当に若いおとうさまのそばにいるような、そういえば肩を揺すってドシドシお歩きなさる様子
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
恋の念珠を爪繰る奴等、陰険な奴等は忘れたいぞえ!