白髪小僧しらがこぞう
第一篇赤おうむ 一銀杏の樹 昔或る処に一人の乞食小僧が居りました。この小僧は生れ付きの馬鹿で、親も兄弟も何も無い本当の一人者で、夏も冬もボロボロの着物一枚切り、定った寝床さえありませんでしたが、唯名前 …
作品に特徴的な語句
びん 気儘きまま 幾個いくつ ふか 御褒美ごほうび 千切ちぎ 布団ふとん やり 八釜やかま 一室ひとま 御蔭おかげ 生血いきち 鳶色とびいろ 森閑しんかん 真逆様まっさかさま 賜物たまもの 常磐木ときわぎ 一歩ひとあし 催促さいそく さめ 宝物ほうもつ 居睡いねむ 幾重いくえ 様子ようす 馬丁べっとう 緋色ひいろ 御名おな 昆布こんぶ 御身おみ 黒焦くろこげ 五色ごしき 晒木綿さらしもめん 髪毛かみ 昨夕ゆうべ 口籠くちご 狂気きちがい 毎年まいとし りん 居所いどころ 馭者ぎょしゃ 姫様ひいさま 気狂きちが 穀物こくもつ 電光いなびかり 青褪あおざ 午睡ひるね 一呼吸ひといき ながえ 御方おんかた 素破すわ てこ 薩張さっぱ 閑雅しとやか 羽子はね 邸宅やしき 平地ひらち 恥辱はじ 目出度めでた 香気におい 深淵ふかみ 兼々かねがね 柔順おとな 雷鳴かみなり 晴々せいせい 真暗闇まっくらやみ 御心みこころ 首級くび くしゃみ わざわ 為様しよう 荒野あれの きさき にじ 追手おって 囈言うわごと 春秋はるあき 最前さっき 赤児あかご 水底みずそこ ああ 根本もと 為業しわざ みなごろし 真正面まとも 御出おい 一同いっしょ 姉様ねえさま 光明ひかり 鯨波ときのこえ 金剛石ダイヤモンド 否々いやいや 兵糧ひょうろう かわうそ 幻影まぼろし 皺枯しゃが りゅう