白髪小僧しらがこぞう
第一篇赤おうむ 一銀杏の樹 昔或る処に一人の乞食小僧が居りました。この小僧は生れ付きの馬鹿で、親も兄弟も何も無い本当の一人者で、夏も冬もボロボロの着物一枚切り、定った寝床さえありませんでしたが、唯名前ばかりは当り前の人よりもずっと沢山に持っ …
作品に特徴的な語句
退 から つぼ ひざまず つづ とぼ 以前さっき 退ずさ おご おの 前兆まえじ 退しざ 前兆まえし 材料しなもの いただか つま なんに 宮殿ごてん 姉妹あねいもうと 決定きっと 美味 詐欺かた じじ 柔順おと うし 小雀ことり がしら 区別みわけ 一日いちじつ 一時いちどき 根本もと おの あで しずか たんび 姉様ねえさま 退しりぞ こがね 一同いっしょ とっ 生憎あいに 狼狽あわて 片方かたっぽう まば またたき とも 矢張やっぱ とど 曠野あれの じつ せい ぶく ちゃ かつ 莞爾にっこ 御慰おんなぐさ ほど おく 形相かおかたち へつろ 少女むすめ まこと けり あたし おい 地上じべた 国人くにひと ちがい よこ うらない さも 前兆まえしらせ すこ 俺達おらたち 風采なり こら とら 舞踊おどり とど