“宮殿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きゅうでん34.4%
みや12.5%
きうでん9.4%
くうでん9.4%
クウデン9.4%
きゆうでん6.3%
みやい6.3%
いえ3.1%
ごてん3.1%
パレエ3.1%
パレス3.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
案内の先生はいやな顔をしてそこらを見回して、それからその「ジン酒の宮殿」の回転ドアを開けて中へはいった。わたしたちはあとにいた。
これ永遠宮殿を傳ひていよ/\高く登るに從ひいよ/\燃ゆる(汝の見し如く)わが美しさは 七—九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
河間王宮殿も、河陰亂逆うて寺院となりぬ。堂觀廊廡壯麗なるがに、蓬莱仙室としてばれたるのみ。ずべきかな。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
厨子は、木瓜厨子、正念厨子、丸厨子(これは聖天様を入れる)、角厨子、春日厨子、鳳輦形、宮殿形等。
だが、彩畫の上に湧き上つた宮殿樓閣は、兜率天宮のたゝずまひさながらであつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
たゞ、今少時代のお宮殿などから、がたくさんみつかるだけであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
あゝなる暗黒宮殿のこの「奢侈」。
ああ、マカの城は、よきところ、うつくしき宮殿
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
そうして暁のき通った青い光りのにうつらうつら瞬く星と、夢のように並び立っている宮殿と、その前の花園と、噴水と、そのような美しい景色を見て恍惚としている藍丸王を残して
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
東京以外では京都大阪の両都会で開くでせう。場所も適当な宮殿ばれるでせう
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
既に過去何十年間かこの宮殿にない図書室、科学、芸術、工業の知識普及のためのクルジョーク(組)。
ロンドン一九二九年 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)