旗本退屈男はたもとたいくつおとこ11 第十一話 千代田城へ乗り込んだ退屈男11 だいじゅういちわ ちよだじょうへのりこんだたいくつおとこ
その第十一話です。少し長物語です。 神田明神の裏手、江戸ッ児が自慢のご明神様だが、あの裏手は、地つづきと言っていい湯島天神へかけて、あんまり賑やかなところではない。藤堂家の大きな屋敷があって、内藤豊後守の屋敷があって、ちょっぴりとその真中へ …
作品に特徴的な語句
じょ 後退あとさが おと たわ あか づら かと 喧嘩でいり 下手したて たま びん おと あやま あやまち 讒言さんげん ゆわ 深川たつみ よう ひれ はば きず 裂帛れつばく せん かみ 御前おんまえ むご いろ むな 胸前むなまえ すい 膾斬なますき えん 寵姫おもいもの つね おんな 祝着しゅうじゃく そこな せめ ため 下総しもふさ もん とも 半身はんみ 化粧つくり 朱彫しゅぼ あわ あた それがし つら 雪崩なだ 案内あない 狼狽うろた 鞘当さやあて 淫花いんか 直裁じきさい 素手すで いびき 素姓すじょう 素人しろうと 渡世とせい 灯影ほかげ 灰汁あく 烱々けいけい せん 燭台しょくだい 父娘おやこ みだ 糾明きゅうめい 精悍せいかん 爾後じご たけ 簾垂すだ 白刄しらは 眉間みけん 看破みやぶ 目路めじ たらい 真槍しんそう にら 監察かんさつ みは 矢来やらい しわ 短槍たんそう 玄人くろうと 窺測きそく 竹囲たけがこ 由々ゆゆ
題名が同じ作品