旗本退屈男はたもとたいくつおとこ11 第十一話 千代田城へ乗り込んだ退屈男11 だいじゅういちわ ちよだじょうへのりこんだたいくつおとこ
その第十一話です。少し長物語です。 神田明神の裏手、江戸ッ児が自慢のご明神様だが、あの裏手は、地つづきと言っていい湯島天神へかけて、あんまり賑やかなところではない。藤堂家の大きな屋敷があって、内藤豊後 …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 旁々かたがた 父娘おやこ 木挽町こびきちょう 芙蓉ふよう ます 烱々けいけい 灰汁あく 曲輪くるわ 狼藉者ろうぜきもの 女形おやま 新手あらて 素手すで 鯉口こいぐち 柴折戸しおりど 震撼しんかん 看破みやぶ 成敗せいばい 飄々ひょうひょう 定紋じょうもん 素姓すじょう 身請みうけ 御気色みけしき こわ 由々ゆゆ 大伽藍だいがらん 鞘当さやあて 半身はんみ くじら 目路めじ 薫陶くんとう 御諚ごじょう 恩寵おんちょう 爾後じご 手強てごわ 深川たつみ 鎧櫃よろいびつ 矢来やらい 裲襠うちかけ 笑談じょうだん 介添かいぞえ 胡蝶こちょう 夜気やき 性根しょうね 刺客しかく 渡世とせい 立女形たておやま 讒言さんげん 二本差りゃんこ 料紙りょうし 微行しのび しあわ 橋袂はしたもと 鬼気きき 裂帛れつばく 陸尺ろくしゃく あやまち 嫣然えんぜん 柳眉りゅうび 上様うえさま 初更しょこう 寵姫おもいもの 松魚かつお 実体じってい 女狐めぎつね 常盤橋ときわばし 懐剣かいけん 野晒のざら つつ 面皮めんぴ あやま ひれ 大刀だいとう 祝着しゅうじゃく 糾明きゅうめい ため 金縛かなしば 収賄しゅうわい 団十郎なりたや 巴御前ともえごぜん 白刄しらは 鬘下地かつらしたぢ 御名代おなだい 胸前むなまえ 膾斬なますき 雷声かみなりごえ 兵法へいほう 朱彫しゅぼ 黒鍬組くろくわぐみ 井水いみず 坊舎ぼうしゃ 森田座こびきちょう
題名が同じ作品