“胸前”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むなさき72.7%
きょうぜん9.1%
むなまえ9.1%
ムナサキ9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“胸前”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学7.1%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「未だ帰りませんで……。」とそこへ窮屈さうに小さく坐つて、何時も叱られる胸前むなさきはだかりを取締て居る。
茗荷畠 (新字旧仮名) / 真山青果(著)
と剣をふるい、胸前むなさき目懸けて突込みしが、心きたる手元狂いて、肩先ぐざと突通せば、きゃッと魂消たまぎる下枝の声。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
優はこの容貌で洋服をけ、時計の金鎖きんぐさり胸前きょうぜんに垂れていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「いいや。いらぬ。その代りちと変った供をつれて参ろう。土蔵へ行けばある筈じゃ。馬の胸前むなまえ持って参って、駕籠につけい」
胸前むなまえとは戦場往来、軍馬の胸に飾る前飾りです。品も不思議なら、不思議なその品を、いぶかしいことには馬ならぬ駕籠につけいと言うのでした。しかもそれを供にするというのです。
即、妣の国を慕ひ哭く荒神の慟哭の描写は、「八拳ヤツカ胸前ムナサキに垂れ云々」からが、其印象のまゝである。
唱導文芸序説 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)