旗本退屈男はたもとたいくつおとこ06 第六話 身延に現れた退屈男06 だいろくわ みのぶにあらわれたたいくつおとこ
その第六話です。 シャン、シャンと鈴が鳴る……。 どこかでわびしい鈴が鳴る……。 駅路の馬の鈴にちがいない。シャン、シャンとまた鳴った。 わびしくどこかでまた鳴った。だが、姿はない。 どこでなるか、ちらとの影もないのです。見えない程にも身延 …
作品に特徴的な語句
掏摸すら らい 猟夫りょうふ すい かかわ おも いと がら てき 若僧じゃくそう 豪儀ごうき 這入へえ たか つむり 仏罰ぶつばつ せつ かくま 宝刀ほうとう 宿しゅく 強弁ごうべん 掏摸 おしえ あかり ましら 猿臂えんび たん ころも 西谷にしだに 見参けんざん なじ 講中こうちゅう 退 つら 中堂ちゅうどう 伝家でんか あなど そば 僧形そうぎょう 凄腕すごうで 別嬪べっぴん 力技ちからわざ 勤行ごんぎょう 勧請かんじょう のう かつ わら 在家ざいけ 声音こわね 声高こわだか 売僧まいす 大切だいじ 女子おなご 女犯にょぼん 女的あまてき 妄執もうしゅう 嫣然えんぜん 嬌羞きょうしゅう 寺領じりょう 小柄こづか 小賢こざか 峯打みねう かば 座興ざきょう 庫裡くり もてあそ 徘徊はいかい 心眼しんがん かたじ こわ 悶絶もんぜつ 折檻せっかん 掏摸すり おきて かす から 支院しいん くら あまね 末院まついん もり 来入らいにゅう ふくろう 椋鳥むくどり 檀林だんりん 殺到さっとう 気勢けはい 気色けしき のり 浄地じょうち みだ 済度さいど 滔々とうとう 狼藉ろうぜき 猪勇ちょゆう
題名が同じ作品