“力技”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちからわざ66.7%
りきぎ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“力技”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「これを、力技ちからわざと御覧あるは、お考えちがいでござる。力を入れたら、槍のが折れる。また、すぐ腕が疲れてしまう。——それでは、戦場を馳駆ちくして、何ほどの働きがなりましょうや」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「元禄さ中に力技ちからわざ修業を致すとは、下郎に似合わず見あげた心掛けじゃ。直参旗本早乙女主水之介賞めつかわすぞ。そこじゃ、そこじゃ。もそッと殴れッ、もそッと殴れッ。——左様々々、なかなかよい音じゃ。もそッと叩け、もそッと叩け」
そして力技りきぎに対する興味が起ろうものなら、予審判事を逆立ちさせて、「こいつの頭をよくしてやるんだ」などと空嘯そらうそぶいたり、両の小脇に警官を抱えて、リヴォリイの大通りを走ったりしたという、乱暴極まる話柄わへいを持っていた。