“強弁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうべん50.0%
ごうべん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
院代玄長にかかる横道不埒のかくされたる悪業があるとすれば、五万石が百万石の寺格を楯にとって、俗人不犯詮議無用の強弁を奮おうと、傷が許さないのだ。あの眉間傷が許さないのです。