旗本退屈男はたもとたいくつおとこ07 第七話 仙台に現れた退屈男07 だいななわ せんだいにあらわれたたいくつおとこ
——第七話です 三十五反の帆を張りあげて行く仙台石の巻とは、必ずしも唄空事の誇張ではない。ここはその磯節にまでも歌詞滑らかに豪勢さを謳われた、関東百三十八大名の旗頭、奥羽五十四郡をわが庭に、今ぞ栄華威勢を世に誇る仙台伊達の青葉城下です。出船 …
作品に特徴的な語句
ごう 給仕きゅうズ 次第スだい がしら 高価こうじき 強力ごうきゅう しゃ ぐらい 白刄シラハ ばく いざ おも きず ふり 土壇どたん くう ぶし 刀架とうか あやう ちぎり 当館トウヤカタ 心利こころぎ たち かな 案内あない だま 武士もののふ あかり しら せん たん おび 荒事アラゴト 莞爾かんじ 覇者はじゃ 退 陪臣またもの つど 雪崩なだ かた 下知げち 不埒ふらち 主人あるじ 仙台せんだい もっ 伊達だて 供養くよう 僻目ひがめ 凄婉せいえん りん 凛然りんぜん 凝然ぎょうぜん 分際ぶんざい 別嬪べっぴん 剣聖けんせい 匆々そうそう 十箭とうや のう わら 墨痕ぼっこん 夕啼ゆうな 大串おおぐし 奔馬ほんば 女子おなご 女将おかみ はら 定雇じょうやと うち 富籤とみくじ むか 射頃いごろ 小女こおんな 屈強くっきょう かど くるわ 弓勢ゆんぜい 弓姿ゆんすがた かたじ こわ 悉皆しっかい もと 悪戯いたずら 慇懃いんぎん 手段てだて 挙捕こぶしど かす 揶揄やゆ から まが 政宗まさむね 旗頭はたがしら さら 柄頭つかがしら
題名が同じ作品