“挙捕”の読み方と例文
読み方割合
こぶしど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ウフフフ。黒白構えか。なかなか味な戦法よ喃。何人じゃ。ひと、ふた、みい……、ほほう、こちらに抜き身が十人、挙捕りは十一匹か。久方ぶりの退屈払いには先ず頃合いじゃ。——行くぞッ」