“挙止動作”の読み方と例文
読み方割合
きょしどうさ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それ以来ことに目立つように思えた私に対するお嬢さんの挙止動作きょしどうさも、Kの心を曇らす不審の種とならないとは断言できません。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
マナーが——態度及び挙止動作きょしどうさが——ノッペリしている人間で、手を出して握手をしたりする。
模倣と独立 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そうしてこの氛囲気ふんいき片隅かたすみに身を置いた自分は、眼の前に動く生きた大きな模様の一部分となって、挙止動作きょしどうさ共ことごとくこれからその中に織り込まれて行くのだという自覚が、緊張した彼女の胸にはっきり浮んだ。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)