“凛然”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りんぜん95.7%
りん4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と秀子さんは凛然として謝絶した。新太郎君は又冷汗三斗だった。それから種々と御機嫌を取ったが更に効果が見えなかった。帰りには
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「待て!」とこの時頼正は、凛然として抑え付けた。「帰館する事り成らぬ! 誰かある、湖中へ飛び入り灘兵衛の生死を見届けるよう!」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
凛然とした名倉の父の気魄、慈悲——そういうものは、お雪の言葉を通しても三吉に想像された。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)