旗本退屈男はたもとたいくつおとこ03 第三話 後の旗本退屈男03 だいさんわ のちのはたもとたいくつおとこ
——その第三話です。 江戸年代記に依りますと、丁度この第三話が起きた月——即ち元禄七年の四月に至って、お犬公方と綽名をつけられている時の将軍綱吉の逆上は愈々その極点に達し、妖僧護持院隆光の言語道断な献言によって発令された、ご存じのあの軽蔑す …
作品に特徴的な語句
大切たいじ なぐさ ただず うえ しずく なぶ あぶみ なきがら 豪気ごうき 日和びより とら おろ 莞爾かんじ 菜切なっき 蟷螂とうろう さい しゅう 白刄はくじん くら 逐電ちくでん 鞍上あんじょう 竜車りゅうしゃ 美形びけい まか 眉宇びう みは 縹緻きりょう 綽名あだな 窮命きゅうめい 麻布あざぶ 綱吉つなよし 素性すじょう やまい 素人しろうと はし あご おもて 陪臣ばいしん 鞍下あんか 金色こんじき たくま かわ まり さい 脳天のうてん 資本もとで むじな しめ 蟹股がにまた 顛落てんらく 風上かざかみ 自若じじゃく 脾腹ひばら つるぎ あや 奴姿やっこすがた 女性にょしょう 大喝だいかつ 土産みやげ わら かつ かます ひる 剽悍ひょうかん 寵臣ちょうしん 別嬪べっぴん 刄襖はぶすま やいば 凄艶せいえん 兵藤ひょうどう はべ ひと 二十はたち 与力よりき 下司げす 有体ありてい 理由わけ 獰猛どうもう 熱燗あつかん 災禍さいか うるし とどこお 横柄おうへい 業物わざもの 椿事ちんじ 栗毛くりげ 生命いのち 月代さかやき 曲者くせもの くら 昵懇じっこん ささ もた 怒髪どはつ すた かば
題名が同じ作品