“刄襖”の読み方と例文
読み方割合
はぶすま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに交って六本の刄襖! しかも、その六本の白刄を、笑止千万にも必死に擬していたものは、ほんの小半時前、根津権現裏のあの浪宅から
四十がらみの分別盛りが下知を与えると、唯の喧嘩と思いきや、意外にもすでに前から計画してでもあったかのごとくに諜し合せながら、ぎらりと刄襖をつくりました。
知るや、退屈男は一散走り! 刄襖林の間をかいくぐりながら、脱兎のごとくに走りつけると