旗本退屈男はたもとたいくつおとこ01 第一話 旗本退屈男01 だいいちわ はたもとたいくつおとこ
——時刻は宵の五ツ前。 ——場所は吉原仲之町。 それも江戸の泰平が今絶頂という元禄さ中の仲之町の、ちらりほらりと花の便りが、きのう今日あたりから立ちそめかけた春の宵の五ツ前でしたから、無論嫖客は出盛り時です。 だのに突如として色里に野暮な叫 …
作品に特徴的な語句
じょう ちろ 幇間たいこ せりふ くれない なま 行方ゆきがた いん にせ ゆる とき 口説くぜつ 君侯との 塩垂しおたれ さと あや さら かな りょう 正眼せいがん 無役むやく なま あが 茄子なすび 蝋色ろいろ いざな 赤谷あかたに 退 鏘々そうそう つら 下々しもじも 不粋ぶすい ぬし 佩刀はいとう あなど 俄聾にわかつんぼ 元禄げんろく 兄哥あにい およ 出来しゅったい やいば 刄襖はぶすま 剣豪けんごう 双頬そうきょう 叱咜しった つぶや 啖呵たんか のう たしな 垣間かいま 執拗しつよう 声音こわね 大凡おおよそ 大身たいしん 奥義おうぎ 女子おなご 嫖客ひょうきゃく 工夫くふう ひら くるわ わきま 強刀ごうとう 後楯うしろだて 微行しのび 恐々こわごわ 愁眉しゅうび あわ えぐ こまぬ いど 揚屋あげや 揶揄やゆ 日和ひより 曲輪くるわ 柄頭つかがしら 武者むしゃ 水浪みずなみ 泰平たいへい 流連いつづけ みだ 清々すがすが 灯影ほかげ 無人ぶにん たま 玲瓏れいろう 生憎あいにく 異名いみょう べつ 短檠たんけい うかが はし 端緒たんちょ
題名が同じ作品