“刄物三昧”の読み方と例文
読み方割合
はものざんまい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春見は侍だから刄物三昧でもされて、重二郎に怪我でもあってはならんと思いまして、煙草盆の火入れを火の入ったまゝ片手にへ隠して蔵の中へ入りましたから
られ承知せぬとて刄物三昧しゝにし中へ入て取鎭め候へば金三兩呉られ候て取持申付られ候へども梅事は貞節ゆゑとてもはぬ事とじ私しは申なきにより宿迯歸り候とに申廉々粂之進面目くなりくなりしが差俯向るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
只今の華族さまはけてっしゃいますから、其様な野蛮な刄物三昧などはございませんが、前次様は御勇気のお方だけあって、九尺柄の大身の槍をすっと繰出した時に、權六は不意を打たれ
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)