“諜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しめ94.8%
ちょう3.1%
1.0%
まわ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もし関係があるとすれば、お元と義助としあわせて家出をしたのを、梅次郎があとから追い着いて格闘を演ずることになったのか。
(新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
これは、敵兵を撃つものではない、敵軍を威圧するため、かねて丹羽長秀にじておいた大喊声を起すべく、のろし代りに撃たせた銃声であった。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お菊ちゃんは、じっと、考え込んでから、何か、一策を心にかべたらしく、ひそひそと、わせをしていた。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「——お不快なそうじゃが、だいじにせられい。いやなに、ってお目にかからいでもよろしい。拙者は、お預け申してある平家のめを、調べて立ち帰る」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)