“ちょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:チョウ
語句割合
15.5%
14.2%
12.8%
11.0%
6.9%
6.5%
4.8%
3.1%
3.1%
2.3%
2.1%
1.8%
1.4%
1.4%
1.2%
1.1%
1.0%
調1.0%
0.9%
0.7%
0.6%
0.5%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.2%
てふ0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
一丁0.1%
0.1%
0.1%
胡蝶0.1%
一挺0.1%
三挺0.1%
二梃0.1%
偶数0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
蝴蝶0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところへ、ドンと川長の前へ投げ出されたのは、道中早次二つ、着くが早いか、その一の中から、半病人で飛び出した由造が
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……今頃白いが居るか知らんと不思議に思いながら……けれどもそこいらには蝶々らしいものは愚か、白いものすら見えなかった。
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それでもころんだり、きたり、めくらめっぽうにの中をして行きますと、ものの五六も行かないうちに、やみの中で
安達が原 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
それでもなお、平太夫はしばらくためらっていたようでございますが、やがて扇をつぼめたと思うと、それで欄干をと打ちながら
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
けれど史中の人物を巧妙自在にして活躍させ、後漢の第十二代霊帝の代(わがの成務天皇の御世、西暦百六十八年頃)から
三国志:01 序 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いろ勝ちの臥床の上に、楚々と起き直っている彼女を一目見て、なるほど公方をほしいままにするだけの、一代の美女だと思った。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
ほかの守護のような苛税をする風もなく、治水がすすんでいるせいか、湖畔の青田は見わたすかぎり生き生きとよく肥えている。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今、世の人心として、人々ただちに相接すれば、必ず他のを見て、そのを見ず、己れに求むること軽くして人に求むること多きを常とす。
学者安心論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
それからルグランは、自分で一を取り、ジュピターに一梃、私に一梃渡して、できるだけ速く掘りにかかってくれと頼んだ。
黄金虫 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
けたたましく郵便脚夫走込むのも、が鳴くのも、皆何となく土地の末路を示す、滅亡のであるらしい。
三尺角 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そのなかで八津の死はいちばんみんなを悲しませた。急性カタルだった。家のものにだまって、八津は青いの実をたべたのである。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
「あなたはあのダイヤモンドをっているのね。けれどもあのダイヤモンドだって、くつきの代物よ。さんのものをあなたのお父さんが……」
宝石の序曲 (新字新仮名) / 松本泰(著)
「これで、今晩のお芝居は幕を閉じるのです。つまり、斎藤老人の死骸が、不吉などんをおろす役を勤めた訳ですよ」
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「ちょうどいいところでした。僕、話したいことがあるんで会いたかったんです」と玄は、本郷ののところへ来てくれと言った。
そんな時には常蒼い顔にして来て、別人のように能弁になる。それが過ぎると反動が来て、沈鬱になって頭をれ手をいて黙っている。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「ピアノよ、キュピーよ、クレヨンね、スケッチね、きりぬきに、手袋に、リボンに……ねえかあさん、おなんかくださらないの」
クリスマスの贈物 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)
ベンヺ こりゃでも、れて、夜露れのという洒落であらう。といふから、どおへぢゃ。
八大竜王と八字の漢語を用いたるところ「雨やめたまへ」と四三の調を用いたるところ皆この歌の勢を強めたるところにて候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
その時張廷栄という、県尹が新たに任について、ったところで、一疋の猴が丹※の下へ来て、いてんだ。張廷栄は不思議に思って、隷官に命じて猴の後をつけさした。
義猴記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それはそのが懇意にいたします近辺に医者がございまして、その医者がどうも其の薬を……薬は一体毒なもので、根太腫物のようなものにけます、膏薬吸出しのようなものは
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
水びたしの帆を張って、徐盛がふたたび追いかけようとした時は、もう遠い煙波の彼方に、孔明の舟は、一のように霞んでいた。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「何せい火急だ。これを越後の同族たちへ、じ合わしているいとまもない。……そこで、脇屋殿がそちをんでお見えなされたようなわけだが」
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「かねての、じ合せをふくみ、護良(大塔ノ宮)と宗良のふたりも、一山の衆徒をひきい、白川口、大津あたりまで出て、待ち迎えんと、書中に見らるる。——藤房、忠顕
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして運悪くも、ちやうど彼女の肛門が彼の顔の真下にあつたので、から出る息が一直線に吹き上げたのだが、その臭かつたことゝ云つたら、いかな猫好きもその時ばかりは
猫と庄造と二人のをんな (新字旧仮名) / 谷崎潤一郎(著)
風邪薬を一凍傷膏薬一貝買ひに行つた話は聞かぬが、春の、秋の暮、夕顔の咲けるほど、ゆる時、夜中にフト目のむる折など、町中めて芬々
処方秘箋 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
拝啓、今年はだいぶの魚鱗多くわれ、ほかの魚族も、よき潮模様と相見え候ところ、近来さっぱり御途絶、いかがなされ候哉秋日し、御一おすすめ申上候
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
噂によれば、太子のいない衛国では、むを得ず蒯聵の子・を立てて、位に即かせたという。国を出奔する時後に残して来た男の児である。
盈虚 (新字新仮名) / 中島敦(著)
初春の空に淡く咲くてふ、白夢のような侘しい花。それは目的もなく帰趨もない、人生の虚無と果敢なさを表象しているものではないか。しかも季節は春であり、空には小鳥が鳴いてるのである。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
気をって源助町の比企一隆斎、鏡丹波らが、一時に左右から斬りこんで、たちまちッ! の刃音、! の気合い、混剣乱陣の場と化し去ったが、茨右近は
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
黒いネクタイをしめて紳士になりすましていたし、おキミはどこで借りて来たのか、三越の食堂ガールがつけているようなのみじかいセルの洋服をきて年齢が三つ四つも若くなっていたし
国際殺人団の崩壊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
この句の精神は「」の一字にあり。しかして人の解する能はざる所またこの語にあり。故にこの句の意を探らんとならば、燕が何故に鐘楼に這入ることにりたるかを知るにあり。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
とふたり逢ふや出で湯のさざれ波
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
天龍を乗っきって、笠井へあがったのも夢心地、ふと気がつくと、その時はもう西遠江連峰の背に、ゆうよのないがふかくんで、一刻、一ごとに
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ええ教えてだい。」
果樹 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
さきに宋江が、ただ一人で梁山泊を立つや、軍師呉用も統領も、そのあとからすぐ一隊を組織して、おなじ鄆城県へ潜行していた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「やあ旦那。時ならぬ時刻に、えらい厄介をかけて、すまなかったな。夜も白んできたから、ぼつぼつ出かけようと思う」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やっと二人は、そのはずれにきあたりました。それからがりました。なるほど、おばあさんのいったように、一丁ばかりゆくと一軒車屋がありました。
海ほおずき (新字新仮名) / 小川未明(著)
は、このをどこまでもまっすぐにいって、たったらがって、一丁ばかりゆくと車屋がある。それから四軒めのです。ほおずきがたくさんありますよ。」
海ほおずき (新字新仮名) / 小川未明(著)
にいて贅沢をした御前方には珍しくもあるまいが、この頃は諸事御倹約の世の中、衣類から食物まで無益な手数をかけたものは一切御禁止というきびしいおだから
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
中形の浴衣に糸巻崩昼夜帯引掛という様子なり物言いなり仲町と思う人はあるかも知れぬが、ついぞこの間までにいなすった華魁衆とはどうしてどうして気がつくものか。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「受けた、みんなかかって来い。だ!」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
世はでも、胡蝶が舞う、撫子桔梗も咲くぞ。——馬鹿めが。(呵々と笑う)ここに獅子がいる。お祭礼だと思って騒げ。(鑿を当てつつ)槍、刀、弓矢、鉄砲、城の奴等
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
桔梗 花も胡蝶もお気に入って、お嬉しいんでございましょう。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
火打袋より一挺を抜き、双の獅子のつ。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
代助はこう云って、嫂と縫子の蝙蝠傘を提げて一足先へ玄関へ出た。車はそこに三挺んでいた。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
蝋燭二梃も立てて一筋の毛も等閑にしないように、に毛筋を入れているのを、道太はしばしば見かけた。それと反対で毛並みのいいお絹の髪は二十時代と少しも変わらなかった。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
掟によると、偶数はいけないことになっていて、鞭の数はかならず奇数でなければいけないのですよ。
因ツテ酒痴ノ歌一篇ヲ作リ以テ上人ニ謝シ兼テ自ラヲ解クトイフ。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
その時という孝廉があって、その女が歿くなって葬式をしたところで、一晩おいて盗賊の為に棺を破られ死体と同時に入れてあった宝物も共に奪われた。
竇氏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
一はて同行戦死者の霊をしてまたその遺族の人々の不幸不平をめ、また一にはそ何事に限らず大挙してその首領の地位に在る者は、成敗共にに任じて決してこれをるべからず
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
◯エリパズは初め実験にして「神は善なり」と説き、次にビルダデは所伝によりて「神は義なり」と主張す。そしていずれもヨブの撃退する所となった。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
繍線し来たりて生くるを写すに似たり
連城 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
我国でこれに最も近い遊戯は、鶏の思骨を引張り合って、より大きな部分を手に残そうとすることであるが、これはどこで鎖骨が最初に折れるか、全く機会によって決定されることである。
お医者はんが見てもこれなら生命にない、二、三日安静にしといたらええいわれる程度にするのんには、どれぐらい飲んだもんやら分量分れしませんねん。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
ぢやけれどの、れた上衣よりはでござろわいの、も分つてある、な娘のぢやで、お前様にいわ、其主もまたの、お前様のやうな、綺麗な人と寝たら本望ぢやろ、はゝはゝはゝ。
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
学の権威について云々されては微笑ってばかりもいられない。孔子は諄々として学の必要を説き始める。人君にして諫臣が無ければを失い、士にして教友が無ければを失う。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
「名は」と指で書いて見せて、「艸冠がよけいだ。字引にあるかしらん。妙な名をつけたものだね」と言う。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
手も足もわずに、島の入日に焼かれながら、日金颪を浴びながら、緑の黒髪、煙れる生際、色白く肥えふとりて、小造りなるが愛らしく、その罪のなさ仇気なさも、蝴蝶の遊ぶに異ならねど
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なまじいなことをして、をもってに続き、竹をって木を修むるような仕儀に立ち至らしむるよりは、いっそのこと己の子をもって、相続せしむる方がよいとのことだ。
嫡子といい次男をといい、三男をという。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)