“ちよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:チヨウ
語句割合
23.7%
23.7%
5.3%
5.3%
5.3%
2.6%
2.6%
2.6%
2.6%
2.6%
地妖2.6%
2.6%
2.6%
2.6%
2.6%
2.6%
2.6%
2.6%
調2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文政十年、愷三十六歳の時嫡男が生れた。初の妻宝生氏の出である。此年愷は中風のために右半身不随になり、且一目失明した。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
それから満枝は益す禿のを得て、内政を自由にするやうになつたから、定めて生家の方へぐと思の外、の外は塵葉一本らん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
かかれば良縁のからざること、へんとする蜘蛛の糸よりしといへども、反顧だにずして、例の飄然忍びてはの紛れの逸早風流に慰み、内には無妻主義を主張して
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そらの明 すべてのごみはみな洗はれて
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
岳、冠、ウジのアシアト、雪渓、前
冠松次郎氏におくる詩 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
「は?」彼は覚えず身をして、と立てたる鉄鞭にり、こは白日の夢か、空華の形か、正体見んと為れど、酔眼のく張るのみにて、れざるはなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
りてむその時、貫一は蹶起きて三歩ばかりもれしを打転けし檳榔子のりて、拝打せる杖は小鬢り、肩をりて、持つ手をれんとすばかりにちけるを
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
蘭軒は二児榛軒、柏軒を除く外、を以て称してゐる。その人物の明白なるものは森立之、字は立夫、岡西徳瑛、字は君瑤の二人に過ぎない。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
又門人の記する所に、「植厚朴、参川口善光寺、途看于花戸、其翌日持来植之」とも云つてある。しかしわたくしの考ふる所を以てすれば、蘭軒は子に名づくるにを以てしを以てした。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
桑原氏は岡崎の入江に住んでゐる、そしてせつせと東洋史を研究してゐる。ある日の事、研究にもんだので、桑原氏は両手を伸ばして大きな欠伸をした。
文学博士狩野直喜氏は洛東田中に住んでゐる。田中町は以前お玉杓子や二十日鼠が棲んでゐた頃は村といつたものだが、大学教授の牛乳屋が出来るやうになつてから町といふ事になつた。
一、余、去年已来心蹟百変、あげて数へがたし。なかんづく、の貫高をひ、の屈平を仰ぐ、諸知友の知るところなり。
留魂録 (新字旧仮名) / 吉田松陰(著)
ゆゑに子遠が送別の句に「の多士一の貫高。荊楚深く憂ふるは只屈平」といふもこのことなり。しかるに五月十一日関東の行を聞きしよりは、またの誠字に工夫をつけたり。
留魂録 (新字旧仮名) / 吉田松陰(著)
乱山れの処か残燐をす 乞ふ死是れ生真なりし 薄命紅顔の双寡婦 奇縁白髪の両新人 洞房の華燭前夢を温め 仙窟の煙霞老身を寄す 錬汞服沙一日に非ず 古木再び春に逢ふ無かる可けん
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
奇怪なる地妖でないか。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一切の事、祭司を用いず、やがて北斗を祭る秘室のうちに、を垂れて閉じ籠った。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
現に西洋の通俗作家の飜案であつたことにしてもそれが解る。しかし、いつでもさうだが、かれはさうした俗受小説にも、自己の文章の努力を捨てることの出来ない作者であつた。
尾崎紅葉とその作品 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
自分はの位其處らをずり廻ツたか、またの道をうして來たか知らぬが、兎に角もう螢籠には、螢が、ど寶玉のやうに鮮麗な光を放ツてゐる。
水郷 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
この砥石が一ありましたらあ、今までのよに、じゃあ、湯水じゃあとウ、騒ぐにはア及びませぬウ。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
昔から懼れられた、肺炎やの如き腫物は、黴を原料として製造せらるゝペニシリンにより、易く治療さるゝに至つたのは素人を驚かした。
彼等の死ありてか吾が活のきをも慰むべきか、吾が活ありて、始めて彼等が死のきを弔ふに足らんか。吾がは断たれ、吾が心はれたり、彼等が肉はれ、彼等が骨は砕けたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
第一に、青々した、といふものは、植物にとつては一番大切で、ちょうどわれ/\の心臟のような、生活上必要器官です。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
終に近く益すへる声は、平生調をさへ失ひて聞えぬ。彼はくその一言の為には幾千円の公正証書を挙げて反古に為んも、なかなかからぬ気色を帯びてれり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)