水郷すいごう
水の郷と謂はれた位の土地であるから、實に川の多い村であツた。川と謂ツても、小川であツたが、自分の生れた村は、背戸と謂はず、横手と謂はず、縱に横に幾筋となく小川が流れてゐて、恰ど碁盤の目のやうになツてゐた。それに何の川の水も、奇麗に澄むでゐて …
作品に特徴的な語句
きめ あす ちよう つかま やすらか 狼狽うろたへ ぱし さはやか ほのか ともし ふさ 彼方あつち ばか 的中てつきり あら 終夜よつぴて 加之それに はま かをり ちがひ とこ むかひ むやみ 矢張やつぱり またたき なきがら たと つま きら じつ 背負おぶ 此方こつち 行方ゆくて つかま こり たづ 往々まゝ にぎやか 幽邃ゆうえん そつ 一所いつしよ わし 突如だしぬけ 突然だしぬけ 此樣こんな かを 最中さなか 星光ほしひかり うれ まる うしろ 踏止ふみとま ちつ ほつ 到底とても それ 追付おつつ あざやか 何方どつち 團欒まどゐ 命令いひつけ 母樣かあさま つめ くら 此處ここ きらめ 吃驚びつくり 季節とき しろがね 父樣とうさま ふくろ うか きこ あたま 智慧ちゑ 獄屋ひとや ひとり 温順すなほ かけ あま あか 谷間たにま 失敗しま 秘事ひめごと つまづ しか すま