露肆ほしみせ
寒くなると、山の手大通りの露店に古着屋の数が殖える。半纏、股引、腹掛、溝から引揚げたようなのを、ぐにゃぐにゃと捩ッつ、巻いつ、洋燈もやっと三分心が黒燻りの影に、よぼよぼした媼さんが、頭からやがて膝の上まで、荒布とも見える襤褸頭巾に包まって、 …
作品に特徴的な語句
でい しんぞ でっか あわい かげ びと はお だい 挙動しぐさ 正面まむき たにし かんばし すずし 斜違はすッかい 弁別わさま ちよう かじか 天窓あまた がか しか 可憐いじ あったか うしろ かッ さみ 一角ウニコール さが よし 機会きっかけ そり きざみ ひやや がしら 風采ふうつき かえ まもり 油紙あぶらっかみ かた わらい とおり ふっく 滑稽おど 嫁娶よめどり 手術てだて じょう 過失あやま わだつみ たび つめた むき 女房にょうぼ にじ きれ 目前めのまえ めえ 大小でいしょう 一時ひとしきり ほっそ いろどり 玉章ふみ かしこま とお つち 唐紅とうべに うがい しわぶき 推重おしかさ かさ 筒袖つつッぽ こら くう くれない ひっ はた 可憐いとし 肌脱はなぬぎ 可哀あわれ ねじ ぬれ よじ かけ におい のろ まばら ともしび わし ふり 白気はくき たい たね ステッキ 蒼光あおびかり 突掛つっかか やっこ つむり