“蒼光”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あおび33.3%
あおびか33.3%
あおびかり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
床の上に長くなっている父親は、いつか学校で見たはりつけされるキリストみたいなひげ面で、眼ばかり異様に蒼光あおびからせていた。
白い壁 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
「ある大城の絵図面さ、ご覧のとおり半分しかない。それ大手前の半分だ。肝腎の要害は描いてない。もっとも三の丸は描いてある。ところで。……」というと天草時行、例の窪んだ小粒の眼へ、例のあたかも硫黄いおうのような、蒼光あおびかる焔をたき出したが、さらに一段声を落とすと、膝まで進めていい出した。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
冷々然として落着き澄まして、しわぶきさえ高うはせず、そのニコチンの害を説いて、一吸ひとすいの巻莨から生ずる多量の沈澱物をもって混濁した、恐るべき液体をアセチリンの蒼光あおびかりかざして
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)