“胡蝶”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こちょう74.5%
こてふ15.7%
ちょうちょう5.9%
ちょう2.0%
てふ/\2.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“胡蝶”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)10.5%
文学 > フランス文学 > 小説 物語3.6%
文学 > 日本文学 > 戯曲2.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
胡蝶こちょうの花にたわむるるがごとく、浮藻うきもさざなみなびくがごとく、実用以上の活動を示している。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
秋の木の葉が風に舞うように、春の胡蝶こちょうが花になずむように、自由自在に空に向かって高くも低くも飛ぶことが出来る。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それもゆめか、胡蝶こてふつばさかいにして、もゝ花菜はなな乘合のりあひぶね
月令十二態 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
近く例を探らんに、春のやのいも背鏡せかゞみ、細君、美妙斎の胡蝶こてふ、紅葉の色懺悔いろざんげ及び鴎外の舞姫等皆な罪過あるなり。
罪過論 (新字旧仮名) / 石橋忍月(著)
小松原には、昼顔の花が一面に咲いて、なぎさの浪の千種ちぐさの貝にひるがえるのが、彩色した胡蝶ちょうちょうの群がる風情。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
謹むのではない笑うので、キャッキャックックッ、各自てんでんがあっちこっち、中には奥へ駆込んで転がるまで、胡蝶ちょうちょう鸚鵡おうむが笑う怪物ばけもの屋敷の奇観を呈する。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
世はいくさでも、胡蝶ちょうが舞う、撫子なでしこ桔梗ききょうも咲くぞ。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
桔梗 花も胡蝶ちょうもお気に入って、お嬉しいんでございましょう。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二時やつさがりに松葉まつばこぼれて、ゆめめて蜻蛉とんぼはねかゞやとき心太ところてんおきなこゑは、いち名劍めいけんひさぐにて、打水うちみづ胡蝶てふ/\おどろく。
五月より (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)