“ちょうちょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
喋々49.6%
蝶々22.1%
丁々13.3%
胡蝶2.7%
蝴蝶2.7%
重々1.8%
丁丁1.8%
打々0.9%
暢々0.9%
沾沾0.9%
澄々0.9%
蝶〻0.9%
蝶蝶0.9%
迢々0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多少の学術を愛し、書を読み——多くは経済法律の初歩を学びて、しかして喋々大問題を論ず。その眼界は法律政治の外にでず。
武士道の山 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
これは後で見ると、悉く下の大広間の格天井に描かれた、天人の眼や、蝶々の羽の紋や、牡丹などであったということです。
「そうだ、なるほど」をひっさげた二人の者が、根方へ寄って、がつんとを入れた。斧の光が丁々と大樹の白い肉片を削って飛ばした。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小松原には、昼顔の花が一面に咲いて、の浪の千種の貝にるのが、彩色した胡蝶の群がる風情。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
貸小袖に魂が入って立ったとも見えるし、行燈のうた裲襠に、蝴蝶が宿って、夢が徜徉とも見える。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あの樹は、霊木じゃ。この家から必ず貴人が生れる。重々車蓋のような枝が皆、そういってわしへ囁いた。……遠くない、この春。桑の葉が青々とつく頃になると、いい友達が訪ねてくるよ。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼とクロイゲルとのこの家での漫然とした微笑は、ヨーロッパのある両極が丁丁火華を散らせた厳格な場であった。恐らくそれは常人と変らぬ義理人情のさ中で行われたことだろう。
厨房日記 (新字新仮名) / 横光利一(著)
打々と、母が打つたびに、母の大きな愛が、骨身にしみ、さんさんと涙がとまらなかった。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私ひとりでこの深山を占有しているような気持がし、私の心は暢々としていた。
ザレバ鳥啼虫吟沾沾トシテラ喜ビ佳処アリトイヘドモ辺幅固已ヨリ狭シ。人ニ郷党自好ノ士アリ。詩ニモマタ郷党自好ノ詩アリ。桓寛ガ『塩鉄論』ニ曰ク鄙儒都士カズト。信ズベシ矣。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
澄々たる碁石の音を楽しんでいるようにも見える。こうして何か考え事があるとき、盤に向って碁をびながら、その間に策を講ずるのが、この大岡越前守忠相のやり方だった。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
懸茶屋には絹被の芋慈姑串団子栄螺の壼焼などをもぐ。百眼売つけ蝶〻花簪売風船売などあるいは屋台を据ゑあるいは立ちながらに売る。花見の客の雑沓狼藉は筆にも記しがたし。
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
母は満足らしくも見えたが、そう蝶蝶しくは饒舌り得なかった。髪結はより効目のある相手として、すぐ年の若い千代子を選んだ。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
里川の流れ迢々たるも目に浮び、何処よりか風のもて来る余韻悲しき、村少女の恋の小唄も耳にる。