“絹被”の読み方と例文
読み方割合
きぬかつぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
懸茶屋には絹被の芋慈姑串団子栄螺の壼焼などをもぐ。百眼売つけ蝶〻花簪売風船売などあるいは屋台を据ゑあるいは立ちながらに売る。花見の客の雑沓狼藉は筆にも記しがたし。
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)