“絹紐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きぬひも66.7%
リボン33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あなたがおになるたんびに、絹紐を一ってさい、ね、あたしそれで梯子んで、それが出来上ったら、りますから、せて、れてって頂戴
麻酔薬、毒薬、絹紐、ハンカチ。数を尽くした瓦落多道具が。あるが中にも文明国では。一と呼ばれるホントウ国だよ。そこの首都のタマゲタで。わしが見て来た新式手段が。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
襦袢の袖に花と乱るる濃き色は、柔らかき腕を音なくって、くっきりと普通よりは明かなる肉の柱が、と傾く絹紐の下にかである。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
濃い絹紐に、怒をあつめて、るときにとふるわしたクレオパトラは、突然と玄関に飛び上がった。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)