“栄螺”のいろいろな読み方と例文
旧字:榮螺
読み方割合
さざえ90.9%
さゞえ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
穴を覗いて行くと、よく海胆が一つか二つ紺紫色の姿を見せていることがある。そして稀れには栄螺が同居していることもある。
真夏の日本海 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
「あの小説の中の人物には栄螺とか鱒次郎とか安甲とか、大抵魚貝の名がついてゐる。志賀氏にもヒユウモラス・サイドはないのではない。」
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
やあ火の玉の親分か、訳がある、打捨つて置いて呉れ、と力を限り払ひ除けむと焦燥るを、栄螺の如き拳固で鎮圧め、ゑゝ、じたばたすれば拳殺すぞ、馬鹿め。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
といいながらの毛を一本/\引抜く、仙太郎も栄螺のような拳骨を固めポカ/\殴り