“海胆”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うに80.0%
ひとで13.3%
ニノ6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それはもう間違いもありません、大層おいしいから、私にも是非とすすめましたが、私は河豚と海胆うには我慢にもいけません」
貝類の全部、海老えびや蟹の全部、鮫、エイ、それから事実あらゆる種類の魚、海藻、海胆うに、海の虫等がそれである。
海胆ひとでなす草山脊筋せすぢ朱砂すさなるが眼下まなしたに暑し匍匐ほふくしたりぬ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
海底うなぞこ海鼠なまこのそばに海胆ひとで居りそこに日の照る昼ふかみかも
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
夜になると、亡者が此処から出て来て、昆布コンブ海胆ニノなどの磯のものを取り、戻って行ったとのことであった(幌別本町の板久孫吉老)。