“海胆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うに80.0%
ひとで13.3%
ニノ6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
魚類ばかりでなく、海胆海鼠烏賊及びある種の虫さえも食う。薄い緑色の葉の海藻も食うが、これは乾燥してブリキの箱に入れる。
海底海鼠のそばに海胆居りそこに日の照る昼ふかみかも
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
夜になると、亡者が此処から出て来て、昆布海胆などの磯のものを取り、戻って行ったとのことであった(幌別本町の板久孫吉老)。