“若菜”の読み方と例文
読み方割合
わかな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時までにできていたのは良人がすでに病床についていた頃にも書いた橋姫の巻までであった。若菜以後は清書もできていなかった。
風はそのままんでいる。広い河原にが流れた。渡れば鞠子宿と聞く……梅、若菜の句にも聞える。少し渡って見よう。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
歴史的にいろ/\な記念のあるこの春日野で、自分若菜んでゐると、も、かうして若菜んでゐたのだから、うっかりすると
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)