“春日野”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かすがの62.5%
かすがぬ37.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
歴史的にいろ/\な記念のあるこの春日野で、自分若菜んでゐると、も、かうして若菜んでゐたのだから、うっかりすると
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
彼のまことの母の春日野は、弟が引き取られると同時に行方が分らず、津の国で見た者がいるともいい、大和宮司の家で見た者もいるといい、まちまちな噂であった。
野に臥す者 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
春日野※嬬等春野菟芽子みてらしも 〔巻十・一八七九〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
春日野に煙立つ見ゆをとめらし春野の菟芽子採みて煮らしも
或る国のこよみ (新字旧仮名) / 片山広子(著)