“日野春”の読み方と例文
読み方割合
ひのはる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鶴瀬村を過ぎれば菱山村、甲運村を過ぎれば甲府城下、韮崎過ぎれば穴山の宿、日野春を過ぎれば葛木駅路、ここから信濃の国となる。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
中央線でいうならば、山梨県は小仏のトンネルからはじまり、向うは日野春富士見の二つの停車場のなかほどでおわるのだが、見て行くうちに屋根の形がいつの間にかまるでかわってしまう。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
この峠に立ったなら、白峰は指呼の間に見えよう、信州徳本峠から穂高山を見るように、目睫の間にその鮮かな姿に接することが出来ないまでも、日野春から駒ヶ岳に対するほどの眺めはあろう。
白峰の麓 (新字新仮名) / 大下藤次郎(著)