白峰の麓しらねのふもと
小島烏水氏は甲斐の白峰を世に紹介した率先者である。私は雑誌『山岳』によって烏水氏の白峰に関する記述を見、その山の空と相咬む波状の輪廓、朝日をうけては紅に、夕日に映えてはオレンジに、かつ暮刻々その色を変えてゆく純潔なる高峰の雪を想うて、いつか …
作品に特徴的な語句
かぎ あば さえぎら うるわ つた しき こす まばたき ばあ ほしいまま つかさど 不味ふみ あぜ きた 空腹すきはら くすぶ こが わが 精進しょうじ くれない ひろ 山懐やまふとこ まぶ 矗々ちくちく 発足 がゆ 係蹄けいてい にわ はなはだ 穿うが ゆか とげ 煙管キセル あまつさ かし 身慄みぶるい つか ほと へだた おもむ はり いまし 岨道そわみち ゆか 言捨いいす はじ かた いたずら 格恰かっこう たきぎ はる おぼ 藤蔓ふじづる 神々こうごう 祭文さいもん ひえ 穿 筆洗ひっせん ほうき はし あわ ひも つい から ゆる ふち すが まと 羅紗らしゃ 羚羊かもしか そび あぶら あし 脚絆きゃはん あご もも 茣蓙ござ いばら 草叢くさむら 草鞋わらじ むしろ たばこ 醤油しょうゆ さえぎ みにく 銘々めいめい くわ