“稗”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひえ98.5%
ひゑ1.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“稗”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌8.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)1.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ところがカナリヤの夫婦は幸いに引取手があって碧梧桐のうちの床の間に置かれてひえよハコベよと内の人に大事がられて居る。
病牀苦語 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
これからただちに札荅蘭ジャダラン城を屠り、長駆、抗愛山脈を衝くのだから、ひえでも藁でも、充分に食わせておくがよいぞ。
あはひゑ、粟と稗でございます。それから大豆まめでございます。それからキャべヂでございます。」
月夜のけだもの (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)