“純稗”の読み方と例文
読み方割合
さらひえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此辺では、米を非常、挽割麦を常食にして、よく/\の家でなければ純稗の飯は食わぬ。下肥ひきの弁当に稗の飯でも持って行けば、冷たい稗はザラ/\してを通らぬ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)