“純金”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じゅんきん66.7%
むくきん8.3%
きん8.3%
じゆんきん8.3%
むく8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
きらびやかに品のいい貴婦人のような身なりをして、白い杖を手にもっていました。杖のあたまには、純金のくじゃくを、とまらせていました。
ジャックと豆の木 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
そして眼を一杯にけてじろ/\見廻したが、何処に一つ純金らしい光は無かつたし、それに持重りが少しも無かつた。
「宜いではございません。純金では大変でございます」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そして見ることは強いびであつた——貴重な、しかし有毒なび、苦悶の鋼鐵の一點を持つた純金、今自分の這ひよつた泉は毒の泉だと知りつゝ、なほ身をめて尊い水を飮む、あの
貳尺四寸無名物赤銅目貫純金瓢箪黒塗
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)