“純金作”の読み方と例文
読み方割合
じゆんきんづく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(この口繪御覽なさい)このはまったく純金作りでありまして、その五本前立てにはさないぴら/\や、しい緑色翡翆さい勾玉七十ばかりもぶらつてをりまして
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)