“むく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ムク
語句割合
43.1%
無垢27.1%
16.2%
5.7%
浮腫2.1%
1.4%
0.6%
0.4%
0.4%
0.4%
0.2%
0.2%
0.2%
復讐0.2%
木工0.2%
椋鳥0.2%
水腫0.2%
白垢0.2%
純金0.2%
腫起0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
返報0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飛んでもない悪戯者へ、あらゆる方法で捕獲の手が試みられた。だが、彼はそれに対してトンボや綱渡りをいて見せるだけだった。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
即ち、かの政治社会は潔清無垢にして、一点の汚痕めざるものというべし。くありてこそ一国の政治社会とも名づくべけれ。
日本男子論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
ばるゝとども因果片輪見世物の如くばるゝのにあらねば、決して/\心配すべきにあらす。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
御城の杉の梢は丁度この絵と同じようなさびた色をして、おの石崖の上には葉をふるうたの大木が、枯菰の中のつめたい水に影を落している。
森の絵 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
「こんなに瘠せてゐるやうで、これでやつぱし浮腫んでゐるんだよ」と、父は流し場で向脛を指で押して見せたりした。
蠢く者 (旧字旧仮名) / 葛西善蔵(著)
膝頭やくるぶしが分らないほどんでいた。彼女はそれを畳の上で折りまげてみた。すると、膝頭の肉がかすかにバリバリと音をたてた。それはイヤな音だった。
党生活者 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
さつきから肚の中で少しれてゐた、この年つ喰ひの惡戲者は、三度目の明りは磨るが早いか、すつかり燃え切らないうちに、さつさと放り捨ててしまつたので、燃殼の床にけし飛んだのを
西大寺の伎芸天女 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
父親は何もすることなしに、毎日毎日こうしてだらけたような生活に浸っていた。皮膚に斑点の出た大きい顔が、んでいるようにも思えた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「わたしは自然によらなければ書かない。わたしは生きた犬の背中でペンを拭ふ」
家内がまた、えらくれるからなあ、まったく。おれは彼女定期市の話をしなくちゃならないのさ。いや、兄弟、こうしちゃあいられないよ、彼女を悦ばせにゃならないからな。
先生が地球が円いというけれど、乃公には何うもう思えない。教場に地球がある。是は全く円い。しかし空虚か分らないから、近日に穴を明けて見よう。乃公は空虚として置く。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
実はあの会議が済んだあとで、よっぽど仲直りをしようかと思って、一こと二こと話しかけてみたが、野郎返事もしないで、まだってみせたから、こっちも腹が立ってそのままにしておいた。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
我もし汝に一の眞理を示すをえば、汝は汝のぬる事に顏をること今背をむくる如くなるべし 九四—九六
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そしてこの耳を噛んだ対手の犬に復讐いなければならなかった。
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
雅定は俊頼に向っていった、「木工の殿はあの声をお聞きですか」。すると俊頼はすぐ、「思いもかけぬ春鳴けばといった趣でございますな」と答えた。これは『後拾遺集』春下に
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
「そんなら椋鳥ですやろうかい」
のんきな患者 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
烏の群から怪しいと見た藤吉が、鎧の渡しへ彦兵衛をやって一番多く烏の下りている小舟の下を突かせると、果して締殺された女隠居の屍体が水腫み返って浮んで来た。
が、似た事のありますものです——その時は小狗でした。鈴がついておりましたっけ。白垢真白なのが、ころころと仰向けに手をじゃれながら足許を転がってきます。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
貳尺四寸無名物赤銅目貫純金瓢箪黒塗
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
標札を見れば此家に違いないから、りを開けて中に入ると、直ぐもう其処が格子戸作りの上り口で、三度四度案内を乞うてと出て来たのを見れば、顔や手足の腫起んだような若い女で
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
と、お杉とお紺の手をとつて、丘の上の子供達はつてくれました。椋鳥もうれしさうに
仲のわるい姉妹 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
知遇にゐん為には何物をも犠牲に供し得る人なり、彼ぞ容易に父母の邦を棄得んや、容易に天下の浪士となり得んや
頼襄を論ず (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
その一は「南谷君晩香園招飲之韻ニユ。」と題する五言古詩。その一は「南谷滝川君六十寿詩。」〔南谷滝川君六十ノ寿詩〕となす七律である。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
は我等に返報ゆなり、おゝ汝、悪意なき夜よ。