のんきな患者のんきなかんじゃ
吉田は肺が悪い。寒になって少し寒い日が来たと思ったら、すぐその翌日から高い熱を出してひどい咳になってしまった。胸の臓器を全部押し上げて出してしまおうとしているかのような咳をする。四五日経つともうすっかり痩せてしまった。咳もあまりしない。しか …
作品に特徴的な語句
ひそか なぶ あば 塗師ぬしや おのれ がえん おびや 退引のっぴ 名残なご 吝嗇けち いや やわ やか まか いや ずつ かん にく つか 掛取かけと さら 椋鳥むく 無躾ぶしつ なま 配偶つれあい 顔貌がんぼう ひよ 下心したごころ 会得えとく 便たよ もた 切羽せっぱ 匇々そうそう 半里はんみち たた 可怕こわ 可笑おか 和尚おしょう あきな しゃべ 土瓶どびん たま ふさ 大和やまと 好過よす 嫌応いやおう きっ 年寄としより さと あわ 憤懣ふんまん 懲罰ちょうばつ つか たか 曖昧あいまい かまち くぬぎ 歯痒はがゆ 母屋おもや 気兼きがね さび しぶ 温和おとな とどこお 火照ほて 烙印らくいん 煙管きせる 牛耳ぎゅうじ 物々ものもの ひと 狼狽ろうばい 癇癪かんしゃく なお しゃく 目高めだか にら 硝子ガラス 素焼すやき くく 縷々るる つんぼ 褥瘡とこずれ さわ 躍起やっき 這入はい 連関れんかん はる