“見世物”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みせもの97.1%
ショウ2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ばるゝとども因果片輪見世物の如くばるゝのにあらねば、決して/\心配すべきにあらす。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
蘿月はその頃お豊の家を訪ねた時にはきまっての長吉とお糸をつれては奥山佐竹見世物を見に行ったのだ。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
ドラマとしてよりもスペクタクルとしての絢爛華麗な効果を狙った見世物を上演する団体であって、美男俳優やギャッグ専門の喜劇役者を始めそれぞれ一流の歌姫や踊児などを多数専属せしめ
陳情書 (新字新仮名) / 西尾正(著)