“みせもの”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
見世物63.8%
観世物22.4%
観物8.6%
看物1.7%
見物1.7%
觀物1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蘿月はその頃お豊の家を訪ねた時にはきまっての長吉とお糸をつれては奥山佐竹見世物を見に行ったのだ。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
屋敷へはいってからも、林之助は用のをみてお絹にたびたび逢いに来た。東両国の観世物小屋の楽屋へも時どき遊びに来た。
両国の秋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
奇鳥なればふ人も多く、江戸へして観物にせんなどいひしも有しが、主人をしみてゆるさず。
市場又は祭礼すべて人のる所へいでゝ看物にせしが、ある所にても見つるに大さのごとくは全く熊にして、白毛雪をきしかも光沢ありて天鵞織のごとく也。
く来りたるものは宿をもとむるもあれば、家毎に人つどひ、香具師看物薬売弁舌、人の足をとゞめてべき所もあらぬやう也。此初市の日は繁花の地の喿饒にもをさ/\ず。
行手の道の両側には見物店や、食物店が、それはそれはちょうど九段の招魂社の祭りに行ったように奇麗に居並んでいて、其処往来するお姫様や、小供の姿が手に取るように見えます。
迷い路 (新字新仮名) / 小川未明(著)
またその奇怪な苦悶の觀物(彼等は觀物と云ふ)を囘避するか、それとも吾々社會生活の圈内から除き去るか、この三つの方法しか無いと云ふのが、彼等の一致した意見なんだ。
奇病患者 (旧字旧仮名) / 葛西善蔵(著)