“薬売”のいろいろな読み方と例文
旧字:藥賣
読み方(ふりがな)割合
くすりう80.0%
くすりうり20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“薬売”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)1.8%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
金持かねもちは、いろいろそのまちのことを薬売くすりうりからいてふかおもいにしずんでいました。
金の魚 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「この松原まつばらおくにもおうちがありますか?」といって、薬売くすりうりの少年しょうねんは、たずねたのです。
薬売りの少年 (新字新仮名) / 小川未明(著)
上を見ながら、これへ足を踏懸ふみかけた時、以前の薬売くすりうりがすたすたやって来て追着おいついたが。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
うへながら、これあし踏懸ふみかけたとき以前いぜん薬売くすりうりがすた/\つて追着おひついたが。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)