“はら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハラ
語句割合
20.6%
18.2%
17.7%
13.0%
7.7%
3.9%
3.6%
2.7%
2.5%
1.8%
1.1%
0.8%
0.7%
0.5%
0.5%
0.4%
0.4%
腹部0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
ヶ原0.1%
0.1%
意図0.1%
生来0.1%
生母0.1%
0.1%
0.1%
婆羅0.1%
0.1%
払拭0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
波羅0.1%
爬羅0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
腹腔0.1%
0.1%
覚悟0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
馬腹0.1%
高原0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昌平はつい知らず機嫌のいい返辞をして、いそいそと立ってから、そんな自分のだらしなさにが立って「ちぇっ」と舌打ちをした。
七日七夜 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
文化文政の句は天明調と天保調の中間に居るだけに、その俳句が全くの月並調とならぬけれども、所々に月並調の分子をんで居る。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
其處ちよツけた能代嬰兒がしたか、とらしいが、さすがに味噌汁が、とすきをそゝつてふ。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ここは、くにあった、っぱです。子供たちが、午後しくボールをげたり相撲をとったりしてんでいました。
僕はこれからだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
「その金は、いったいどこに使うのです?」と、マイダーノフは、平べったいを後ろへいながら、鼻の穴をひろげていた。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
おつぎは勘次敏捷くにはだけの注意はなければならなかつた。それもなことでつにられてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
幡旗に埋められて行く車蓋白馬金鞍の親衛隊、数千兵のの光など、威風は道をい、その美しさは眼もくらむばかりだった。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たとえば彼らがいの儀礼の内に頼るべき力を感じている間は、その力によって示唆される永遠者は非人間的なある者である。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
水牛の背にも、昆蟲りて寸膚を止めねば、時々怒りて自らテヱエルの黄なる流に躍り入り、身を水底にしてこれをひたり。
画布がみずから独立すること、それを多くの人々に観照せしめることを要求することの中には同様にすでに一つのアンチノミーをんでいる。
(新字新仮名) / 中井正一(著)
膝下奉仕することとなすべきなど語り聞えて東京に帰り、ず愛児の健やかなる顔を見て、始めて十数日来のさをしぬ。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
中にを少しした若い弟子が一人仕事をして居たので、弟子に来意を告げると、翁は今朝巴里かれたと云ふ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
ところが形姿威儀びなき一人の男が夜中にたちまち來ました。そこで互にでて結婚して住んでいるうちに、何程もないのにその孃子みました。
源「覚えがないとり云っても、それじゃア胴巻の出た趣意が立たねえ、己まで御疑念がかゝり困るから、早く白状して殿様の御疑念をしてくれろ」
『淵鑑類函』一七に『宋書』に曰く、歳朔、常に葦莢桃梗を設け、鶏を宮および百司の門にし以て悪気をう。
この歌の左に、「春日遅遅として、鶬鶊正にく。悽惆の意、歌にずば、ひ難し。りて此の歌を作り、ちて締緒ぶ」
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
宇宙は自己を歌ふべき者を生みたるなり。「処女みて子を生まん」其名は天地をる者、人生を慰むる者。
詩人論 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
その女が黒い布でも冠って、そういう腹部露出して、ムキ出しの脚で歩き廻ったとしたら、胴体がなくて巨大な顔から、足のつづいた化物として、何んとよい見世物になることだろう!
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
彼はいかにして砂地を田園に化せしか、いかにして沼地の水をいしか、いかにして磽地いて果園を作りしか、これ植林に劣らぬ面白き物語であります。
逗子にある博士の別荘に召使いとして住み込んでいる時分に、ふと博士のんだのだということや、ある権門からいで来た夫人の怒りを怖れてそのことが博士以外の誰にも
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
酔わないつもりでも、かなりは酒浸しになっていた。大きな鼾声のうちに行燈もいつか消えてしまう。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
着きて睡の靈に逢ふ(そは死の靈と同じ
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
年の上の方も、まだ二十を越していないだろう。その美しい眼を心持泣きして、雪のような喪服をうて、きがちに、しおたれて歩む姉妹の姿は、悲しくも美しかった。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
さるによつて明日よりは、木賊ヶ原朱目に行きて、療治をはんといふことまで、怎麼にしけんさぐり
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
とて越中でゝくニヤリとひ、さし鼻油て、しつぺいんと歯噛をなし立上りし面貌——と云々てこそ鬼神勇士力較べも壮大ならずや。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
意図があるんですって? 冗談じゃない、そんな詰らないもので、なにが目論めるものですか。」
「うん、さては何か意図があるんだな。白状し給え、何だか?」
いてましたる子供が、五歳六歳位色白の、二重瞼可愛らしい子でございまするが、生来からの乞食でもありますまいが、世の中の開明れて、
おゝ/\……お美那可愛想ぢやアないか……見なよ……人品可愛らしい子供だが、生来からの乞食でもあるまいがの……あれまア親父負傷をしたといふので
このお寺だけはおのあることがなんでもないことになっていて、お生母さんというものがあることなのだ。
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
こうなると、前法主お裏方の勢力も、お生母さんのお藤の方もなにもない、お裏方よりは愛妾お藤の方のほうが、実はすべてをやっていたのだというが、もはや新門跡夫人の内房でなければならない。
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
て、ふもの——はうるさがられ、がられてます。をもをもします。あのくて丈夫尻尾房々としたは、ひ拂のにつのです。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
此世で仇讐の一つもつて置かなかつたなら、未来で閻魔様に叱かられますよ、黄金れた怨恨だから黄金でへしてるのさネ、俳優の様な意気地なしでも、男の片ツ端かともや
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
とくに博士は、婆羅破鬼に知友多く、彼らの口をとおして旦那奥方の身の上をさぐり出し、書物のように前に繰りひろげてみせることができます。
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
一つは湿気をんだ湖の空気に、身も心も胆汁質に仕上げられ、怒りを感ぜず、隠忍自重の風が自然と積上つて来てゐるためかもしれぬ。
琵琶湖 (新字旧仮名) / 横光利一(著)
小生の左様考える訳は、屍体は煤や灰で、ひどく汚れて居るが、之を綺麗に払拭って視ると、肌の色が、屍体と思われないほど、鮮紅色がかって紅光灼々として居ることだ。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
迎風撒紙牖 風を迎へて紙牖を
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)
ガラッ八の八五郎が、薫風ろをませながら、糸目の切れた奴凧のように飛込んで来たのです。
郎女様のお従兄恵美の若子さまのお様も、当麻真人のお出じゃげな——。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
次に「波羅僧掲諦」というのは、「波羅」は向こうという意味、「僧掲諦」とは到達する、結びつく、いっしょになる、というような意味です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
たとえ神といえども爬羅摘抉するのを辞する筈はあるまいと見ているところ、果して真名古は一種悽愴な面持で有明荘を立ち出でると、ここに辛辣千万な行動を開始した。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ほんの幕のような物を引きまわして仮の御禊場を作り、旅の陰陽師を雇って源氏はいをさせた。船にやや大きい禊いの人形を乗せて流すのを見ても、源氏はこれに似た自身のみじめさを思った。
源氏物語:12 須磨 (新字新仮名) / 紫式部(著)
はた、わが肉よりひ給ひしを見いづ。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
「そりゃ、何でさ、ええ、ちょいとその気になりゃなッたがね、商いになんか行くもんか。あの母親ッて奴を冷かしに出かけるでさ。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
腹腔が岩片に潰されてしまって、その無残な裂け口から、幾重にも輪をなした腸綿が、ドロリと気味悪い薄紫色をして覗いておりましたわね。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
よしよしそれではお糸を呼び寄せ、篤と実否を糺した上で、もし実情なら無理にでも、取戻さねば死んだ女房に一分が立たぬと、独り思案のを堅めつ、事に托してお糸を招きぬ。
心の鬼 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
たしかにそれは真実です。寸陰を惜しみ、分陰を惜しみ、生の限りなき尊さを味わうものにして、はじめていつ死んでもかまわない、という貴い体験が生まれるのです。覚悟ができるのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
王いわく「吾子よ汝は善くした、それじゃ彼のを数え見よ、汝も知る通りすべて三九二十七毛あるはずだ、一つでも足らなんだら汝はに布二匹をわにゃならぬ」
「第一俺は十三や十四じゃ無えんだぜ、百年越のすように、餓鬼のうちから吹込まれて、根性曲りに育てられたから、一向身体は伸びないが、これでも取って十九よ、いい若い者だよ」
大江戸黄金狂 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
こんな良い空を勝手に仰ぎながら広い「っぱ」を歩いて居る人が有ろうと思うと、斯うして居る自分がなくなって来る。そうした人達がましい様な、ねたましい様な気がする。
秋風 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
口々に叫んで、馬を進めようとしても、何しろ、通りいっぱいの人だから、馬はまるで人間の泥濘まりこんだようなもので、馬腹を蹴ろうが、鞭をくれようが、いっかなはかどりません。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)