“紅光灼々”の読み方と例文
読み方割合
つやつや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小生の左様考える訳は、屍体は煤や灰で、ひどく汚れて居るが、之を綺麗に払拭って視ると、肌の色が、屍体と思われないほど、鮮紅色がかって紅光灼々として居ることだ。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)