“ばら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:バラ
語句割合
薔薇74.4%
8.6%
4.3%
3.2%
2.9%
2.9%
1.4%
薔薇花0.6%
0.3%
婆羅0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おれは昨夜あの混血児の女がりこんだ、薔薇百合の花を踏みながら、わざわざ玄関まで下りて行つて、電鈴の具合を調べて見た。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
力持のおせいさんはこれに励まされて、持っていた莚をり出し、素手になって、登り来る折助鼻向眉間真向を突き落し撲り落す。
で、これから、手前たち三人が出かけて行って、そのいろは屋をすんだが、必ず首を持って来いよ。わかったら早いがいい。さっそく出かけろ
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
ウサギたちは走りながら、ぐるぐるまわりをしたり、高くねあがったり、前足で、ポンポンとわきをたたいたりしました。
切利支丹の百牲に侍衆そこなはせ候こと、いらざる儀と思召され候間、柵の所に丈夫に仰付けられほし殺しになされ候やうにと仰聞かされ候。
島原の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
そうかと思うとだの、だの、躑躅だの、もちだのというような、灌木のが丘のように、地上へこんもりと生えていて、土の色をさえ見せようとしていない。
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「じつは、他家吹聴したくない、秘密なもござりますゆえ、願わくばお人いをねがいまする」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
妾に美しき薔薇花の花束を贈らる、一同へもそれぞれの贈り物あり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
いで夏の日の眠気覚しに、泰助が片膚脱ぎて、悪人の毒手のより、下枝姉妹を救うて取らせむ。証拠を探り得ての上ならでは、渠等を捕縛は成り難し。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
この一句を「法身偈」または「縁起偈」などといっていますが、彼はこの言葉を聞くなり、決然として、い間、自分の生命とも頼んでおった、婆羅門の教えをふり捨てて
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
店をはずれて、ひょろひょろとした柳で仕切った、そのを見ると、小児が遊んでいたらしく、めんこが四五枚、に靴脱ぎのたたきの上へって、喇叭が一ツ、式台に横飛び。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
申付博奕を夜盜などする者を大切に致さるゝ上は覺悟の前なりと今迄惡樣に取扱はれたる意趣しの心にて存分に云散してぞ立歸りける勘兵衞は早々勘太郎へ右の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
闇の中から突然姿を現わす怪物のような野生仙人掌を冷し、人間よりも丈の高い、巨大な竜舌蘭の葉のに額を打ちつけながら、なおもそろそろと道なきに道を求めて漂流すること一あまり
などまでがもう
(旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)