“ぱら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
52.3%
22.4%
15.9%
3.7%
1.9%
1.9%
0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その上軌道の上はとにかく、両側はすこぶるっている。それだのに初さんはでずんずん行く。自分も負けない気でずんずん行く。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
左手に細野の人家を眺め、と呼ぶ平坦な原野に出る、木立の中や草原には桔梗女郎花、松虫草、コマツナギ等が咲いている。
白馬岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
吾輩が断髪令嬢の御秘蔵の犬と知らずにったのも偶然なら、その犬を断髪令嬢の恋敵の医学士の所へ持って行って売付けたのも偶然だ。
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
『二さ!』と海龜んで、『くの海豹や、海龜なぞが、それから往來邪魔になる海月ふ——』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
留守を使ってうこともあった。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
その手に持ってる洋燈をおけなさい、と曳子はだから口ので、幾たびも、ヘン間抜だな。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
不動様が出てござらっしゃって、左の手で母親の腹ア緊縛って、せつないと思って眼え覚めた、申子でゞもありますかえ、それから母親がおっんで、だん/″\腹がくなって
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
久「直様思いのうおっ巴蛇の長文句蠅々※」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)