“間抜”のいろいろな読み方と例文
旧字:間拔
読み方割合
まぬけ72.7%
まぬ27.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
半日山のなかをけあるいて、ようやく下りて見たら元の所だなんて、全体何てえ間抜だろう。これからもう君の天祐は信用しないよ
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そこで貞盛為憲等の在処を申せと責めたが、貞盛為憲等は此等の藤原氏どもに捕へられるほど間抜でも弱虫でも無かつた。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
それがあいつにゃわからないんだから、明日になったら、そこいらじゅうへ、なんのかんのっていい触らすがいいさ、あのちびころの間抜野郎
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
間抜けな若旦那も乗て居れば、頭の禿老爺も乗て居る、上方辺茶屋女も居れば、下ノ関の安女郎も居る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)