“上方辺”の読み方と例文
読み方割合
かみがたへん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
間抜けな若旦那も乗て居れば、頭の禿老爺も乗て居る、上方辺茶屋女も居れば、下ノ関の安女郎も居る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
関東では一般に、まい子のまい子の何松やいと繰り返すのが普通であったが、上方辺では「かやせ、もどせ」と、ややゆるりとした悲しい声でえてあるいた。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
追い追い伝聞いたしおり申すべくえども、上方辺の騒動容易ならざる事にこれあり、右残党諸所へ散乱いたし候につき、御関所においてもその取り締まり方、御老中より御話し相成りし次第に候。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)