“安女郎”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やすじょろう50.0%
やすぢよらう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“安女郎”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
間抜まぬけな若旦那も乗て居れば、頭の禿はげ老爺じじいも乗て居る、上方辺かみがたへん茶屋女ちゃやおんなも居れば、下ノ関の安女郎やすじょろうも居る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
もつたいなくもこのタブー附の怪物えてもの——家康公のお墨附を安女郎やすぢよらうの戀文のやうに、ヒラヒラと宙に見せびらかすのでした。